屋根の雨漏り修理について

屋根は 直射日光、雨などから家屋の劣化を防ぐ重要な部分です。

屋根の雨漏りの原因として考えられるのは瓦、カラーベストなど屋根材の割れ 瓦の場合は地震などによるズレも考えられます。雨漏り修理するならば割れであれば 割れた部分の交換となります。このとき注意すべき点は 割れた部分の周りをよく観察し 他の部分の劣化がどの程度進んでいるかもチェックしてください。割れた原因が何かの強い衝撃を受けた以外に経年による劣化も考えられます。

その場合 近い将来他の部分も割れてしまう可能性があります。また上部部分を覆う棟板金の状態も確認が必要です。台風などで棟板金が浮いている、めくれている場合 その部分から雨漏りを起こすことがあります。めくれている場合 釘が浮いているはずです。その浮いている釘を打ち込まないでください。昔であれば 鉄釘の可能性が高く 錆て釘の強度が落ちている可能があります。これまでの釘より少し太いステンレスか スクリュー釘に交換すれば固定強度が増します。また異素材をまたぐ部分はコーキングなどで防水処理をしています。コーキングは雨漏り修理の時 施工のしやすさと効果が高いため多用されますが 直射日光に含まれる紫外線で劣化しやすい素材です。

コーキングが外れている、かけてしまっている部分があれば 既存素材を取り去り再施工してください。痩せている場合は 上からの追加施工で大丈夫です。雨漏り修理は難しいといわれますが DIYで修理できる場合もあります。しかしながら瓦のズレを戻す雨漏り修理は素人には少々難しいので、プロに任せたほうが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *