屋根の雨漏り修理の種類

突然雨漏りし始めた、いつからかわからないが雨漏りしているので雨漏り修理が必要だと考えている方いると思います。

雨漏りはそのままにしておくとだんだんと雨漏りが酷くなるだけでなく、雨漏り箇所周辺の屋根板やその下の垂木、天井板まで濡れてしまい、さらに放置していると腐ってくることもあるので出来るだけ早めの雨漏り修理が必要です。屋根の形状や屋根材の種類などにより原因はいろいろな物があり、修理の種類もいろいろあります。一般的にとりあえずの補修はコーキングを穴が空いている箇所や、雨漏りの原因であろうとされる箇所に塗り雨漏りを止める事が多いです。

しかし、それは一時しのぎでしかない為、悪い部分を取り換えたり補修する必要があります。瓦屋根の場合、よく雨漏りの原因になる箇所に谷があります。少し前に建てられた家の谷部分には銅板が使用されていることが多く、その銅板に穴が空き雨漏りしていることが多く、雨漏り修理の見積もりをする段階で、とりあえずの雨を止める為穴をふさぐのに最適なのがコーキングですが、一時的には止まりますがそれでやめるとすぐ他の箇所に穴が空きます。修理には谷の取り換えがベストです。

谷がない場合の雨漏りの原因には、棟瓦のズレや、平瓦部分の割れやズレ、毛細管現象などです。それぞれ修理の方法が違い、棟瓦のズレはズレた箇所だけ修理する場合や棟を全てやり直す場合があります。平瓦のズレ、割れは差し替えたりずれている部分を突き上げるなどで、毛細管現象は瓦と瓦の間の埃によっておこるので掃除をしなければいけません。
福岡の水道修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *