屋根からの雨漏り修理の方法

雨漏りの原因として、多くあげられる事例として屋根からの雨漏りがあります。

台風や突風でトタン材がめくれたり、築年数が長い建物の場合は、経年劣化によるトタン材の腐食などが原因で雨漏りが発生します。そのような、雨漏り修理をする場合はどのような施工方法が良いかというと、一番間違いがない雨漏り修理方法は、既存の屋根材を解体及び撤去して新規に屋根を葺く方法です。その際に下地のルーフィング材も新たに敷きなおしをすると、尚雨漏りに効果的です。

この工法は、築年数が長い建物に推奨される方法ですが、施工時の天候や費用面が補修などの軽微な作業と比較すると高い面がデメリットとして挙げられます。特に、天候が悪いい場合には、施工不可能なため工事時期を要検討する必要があります。また、作業中に雨が降ってきた場合は、作業を中断して雨養生をしないといけないため、本当は不要な作業も増えてくる可能性があります。

新規に葺き替えする工事が、費用的に難しい場合は、カバー工法が推奨されます。この工法は、既存の屋根材の上に新たに屋根材を被せる工法です。この工法のメリットは、解体工事を省略できるため、工事費用が新規に葺き替えした場合より安価な点と、工事工期も短縮出来る点が挙げられます。尚雨漏り修理を完璧にするには、カバー工法を実施する前に雨漏りの原因となりそうな箇所を補修してからカバー工法を施工すると良いです。お客様の住まわれている建物の状況などを加味して、その建物にあった雨漏り修理方法を実施してもらいたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *