屋根の雨漏り修理に掛かる費用

住宅の屋根から雨漏りがした場合、修理費用がどのくらい掛かるのか不安になることがあります。

屋根の雨漏りは様々な原因がありますが、屋根の素材によっても修理費が変わってきます。築10年~15年程度の比較的新しい住宅建築では瓦を使わない屋根が多く、金属部材およびスレートが多いです。金属部材には鉄を含んだ鋼板やアルミ、ステンレスの部材が使われ、一般的にはガルバリウム鋼板が使われています。瓦は木造日本家屋で使用されますが、価格が高いというイメージが大きいです。

一般的な屋根として使用されるガルバリウム鋼板やスレートの場合、雨漏りの原因は塗料の耐久性もしくは、コーキングの劣化が原因であることが多いです。雨漏りをした部分のみを修繕するのであれば雨漏り修理費用は比較的安価で済みますが、耐久消費財である住宅の部材が経年劣化することを考えれば、次第に他の部分の雨漏りの懸念が出るため、逐次雨漏り修理を行えば結果として費用は膨大となります。

スレートやガルバリウム鋼板のような新建材を使用している場合、素材を取り換えることはよほどの傷みでなければまず無いでしょう。下地の処理と塗装で雨漏り修理は十分です。コーキングを含む下地の処理は入念に行い、グレードの高い塗料とコーティングをしておけば15年は耐久性が保てます。一般的な住宅(30坪から50坪)で足場と養生の掛け払い、洗浄、塗料代、コーキング等の材料一式、手間を含むと100万円から150万円が適正であると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *