屋根の雨漏り修理をするべき理由

屋根は、あまり人の目に触れる部分ではありませんが、家を守る大事な部分です。

ところが、気が付くと雨漏りしていることも時にはあります。たかが雨漏りと放置していると、深刻な事態に陥る可能性がありますから、即刻雨漏り修理を行いましょう。では雨漏りを放置しているとどのようなことが起きるのかというと、家の内部を支えている建材、特に木材に雨が染み込むとやがてはカビが生え、腐っていきます。柱や筋交いが腐れば、家の重みに耐えることが出来なくなり、最悪のケースでは家がつぶれてしまうかもしれません。

まだ、家が倒壊していない状態でも、繁殖したカビが室内にまで及ぶことは、容易に想像できます。カビの胞子が充満した室内で生活をしていて、住人の健康が損なわれるのは時間の問題です。雨漏りをしはじめてから、気管支系の病気になったり、アレルギー症状が出ているというのであれば、普通の病気ではなく、屋根が雨漏りをしているために引き起こされている可能性があります。では、屋根の雨漏り修理はどのように行うのかというと、被害の程度によって対応が異なります。

まだ健在の腐食が始まってないようであれば、雨漏りしている個所を修理するだけで対応が可能です。板金を張り付けたり、コーティングで何とかなる場合もあります。そういった簡単な雨漏り修理では対応しきれないとなれば、柱の交換や屋根全体の葺き替え工事などをしていく必要があります。大掛かりな雨漏り修理は、相応の費用が必要となりますから家全体の修繕計画などと合わせて、最も良い方法を検討しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *