台所の排水口つまりや悪臭のトラブル防止

台所の排水口は、定期的なお掃除によるお手入れが欠かせません。

長い間掃除を怠ると、まず排水かごの網目に悪臭の原因になる生ゴミが付着して、排水のつまりを引き起こします。又、かごを外すと排水口の穴が見えますが、その周りにヘドロ状の水垢が付着して、つまりや悪臭の原因となります。このようなトラブルを防止するには、やはり日常的にお手入れする事が重要です。手軽につまりや悪臭を防止するには、排水かごを綺麗に保つ事と、定期的に排水口の中に市販のパイプ洗浄液を流してあげることです。

万が一排水口に固形物を落としてしまうと、排水不良になり、かなり奥の方に固形物が引っかかってしまうと、取り出す事が困難で大きなトラブルに発展しかねません。その様な場合は、早急に水周りのトラブルを包括的に対応できる業者さんに修理依頼するのが良いでしょう。又、緊急な場合や応急処置としてラバーカップを所持しておくと、小さな固形物ならそのまま水圧により流れてつまりを回避できます。

いずれにせよ水周りのトラブルは、まずはお手入れにより発生するのを防止して、発生した場合、ラバーカップなどで改善を試みて、効果がない場合は修理業者さんを手配して、早めの改善を心がける事が重要です。特に賃貸住宅にお住まいの人は、つまりを放置してシンクから水を溢れさせたりして、付随の設備を腐食させたり劣化を早めさせてしまうと、退去時に修理費用のトラブルにも発展するので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *