水のトラブルの中でもトイレのつまりは困ります

水のトラブルには、水道の水漏れ・水道管の凍結など色々とありますが、トイレのつまりで水が流れないのもとても困ります。

気温の変化などでは予測も付かず突然やってくるトラブルですから慌ててしまいます。しかし、本当につまりがやって来た時には慌てずに応急処置をしてみましょう。トイレつまりのトラブルで応急処置の一般的な方法としては2つあります。

水かお湯を注いでみる方法とラバーカップ(スッポン)を使う方法です。水かお湯のどちらを注げばいいのかは、つまりの原因によりますが、トイレットペーパーなど本来水に溶ける物がつまっている時にはお湯の方が効果があります。水の場合はペットボトルも利用出来ますが、お湯の場合はやかんがなければ洗面器かバケツなどを使います。水はピンポイントに便器の排水口に注ぎ入れ水圧によってつまりを解消します。お湯も同じ様に排水口に注ぎますが、つまっている物が溶けて流れるか1時間ほど待ちます。どちらの場合も一度に大量の水やお湯を注ぐと溢れ出る事がありますので注意して下さい。ラバーカップはホームセンター等に売っていますが、用途や便器のタイプによって種類が分かれます。

まず、水位が便器の上面から10㎝程度低くなるようにします。次に周辺に汚水が飛散するのを防ぐため、ゴミ袋などのビニールシートでカバ―します。ビニールシートの真ん中に穴を開けてラバーカップの柄を出すときれいに覆えます。準備ができたら便器の排水口にラバーカップをゆっくり押し込み密着させ、勢いよく引っ張り上げます。スムーズに排水されるようになるまで、これを数回繰り返します。流れる様になったらバケツなどでゆっくり水を流して確認して下さい。どの方法の場合も、床に新聞紙などを敷いておくと水しぶきが飛んでも床を傷めずに作業が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *