蛇口の水漏れ修理はDIYで簡単におこなえる

使用頻度の高い水回り設備のトラブルで多いのが、蛇口の水漏れです。

日本不動産協会が2018年に100万世帯の家庭におこなった調査で、水道トラブルが起きた時はどのような対処をしているのかの回答で、最も多かったのが水道工事会社に依頼をするでした。しかし、専門会社に修理を依頼すると3万円近い費用が掛かり経済的な負担が大きくなるのも実情です。昨今は全国各地にホームセンターが数多く登場しており、DIYがブームになっています。蛇口の水漏れ修理もホームセンターで販売されている各種部品を用いることで、簡単にDIYで直すことが可能です。

用意するものはパイプパッキン・ニップルの2種類で、あとはドライバーとプライヤーの工具だけです。どの部品も1000円以下で購入することが出来、ご自身でおこなえば工賃も必要ないのでリーズナブルに修理をすることが出来ます。蛇口の水漏れ原因で多いのが、パイプの接続部に備わっているパッキンの劣化です。水だけでなくお湯も出てくる水栓だと、温度差の影響でパッキンは劣化しやすくなります。

交換時はプライヤーを使って接続部を外して、パイプ内のパッキンを取り換えましょう。ニップルというのはハンドル内に備わっているパッキンです。ハンドルをしっかりと閉めているのに蛇口から水が滴り落ちる場合は、ニップルがすり減っているのが原因なので交換すれば水漏れを直せます。ハンドルはドライバーで半時計周りにネジを緩めればすぐに取れます。蛇口の水漏れ修理は手順さえ覚えれば、どなたでも簡単におこなえます。経済的であり、急なトラブルにでも迅速に対応出来るので、覚えておいて損はないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *