トイレトラブルで多いのはつまりと水漏れ

トイレのトラブルで多いのは、つまりと水漏れです。

つまりの原因として多いのは、大量のトイレットペーパーを流してしまうことです。トイレットペーパーは水に溶けるように作られていますが、一度にあまりにも大量のトイレットペーパーを流すと、やはり排水管をつまらせてしまいます。特に、少ない水量で流せる節水タイプの場合、つまらせてしまうケースが多くなるので注意が必要です。ただ、つまりを解消させることはそれほど難しいことではありませんので、慌てないで対処するようにしましょう。

時間が経過すればトイレットペーパーは徐々に溶けていきますし、ラバーカップを使って中をかき回せば、拡散されてつまりが解消します。水漏れの場合は、まずどこからどのように漏れているのかをチェックします。いくつかの可能性があり、それによって修理の方法も変わってきます。たとえば多いのは、便器の周りから漏れている場合です。これはフロートバブルが劣化してきちんと止水ができていないときに起こります。

便器から水が流れ続けるので、タンクの中では水が出続けています。手洗いが付いている場合は、その手洗いからの水が止まらない状態となっており、その音で水漏れに気が付くことが多いです。ちょろちょろと出ている程度であれば、水道代が跳ね上がるということはありませんが、フロートバブルを買ってきて交換すれば簡単に直すことができます。自分で修理できない場合はすぐに専門業者を呼んで助けてもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *