自力で直せないトイレのつまりや水漏れはプロに依頼を

トイレのつまりや水漏れが起こった場合、自分で解決できるトラブルであれば自力で対処し、それが無理ならプロに依頼する方が得策です。

使い過ぎたトイレットペーパーによるつまりは、一般家庭にあるラバーカップを使うとほとんど解決できます。しかし、オムツを流してしまった、子供がおもちゃを落とした、ポケットからボールペンが落ちたというケースでは自力で解決できないことが多いです。水漏れについては、トイレタンクが劣化によって割れてしまい、そこから水が垂れるケースなどもありますが、多くは温水洗浄便座本体から、または温水が出るときに通る箇所からの水漏れになります。

温水が出るときに通る箇所から水が垂れている場合は、部品をメーカーから取り寄せて交換すれば直ることもありますが、本体からの場合は素人が触らない方が無難です。あまり意識している人はいませんが、温水洗浄便座は家電であり電気が通っています。素人が勝手に分解すると感電することもあります。さらに、プロではない人が分解したところで簡単に修理ができるものではありません。

何十年も使ってきたトイレの場合は交換部品の生産が終了していることもあり、新調するしかない場合もあります。プロであればそのようなタイミングを知らせてくれますし、おすすめのトイレの提案もしてくれます。つまりや水漏れが発生した場合に連絡する水道会社はいくつも存在しますが、自分が納得できる会社かどうかは重要です。比較サイトや口コミサイトを利用して水道会社を探すと、効率良く優良な会社を探すことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *