自分で修理可能なトイレのつまりと水漏れ

水回り機器のトラブルの中でも、トイレの水漏れやつまりは意外と多いトラブルです。

水漏れにはタンクから便器内に水洗用の水がチョロチョロと流れ続けるものや、水洗系や温水洗浄便座用の洗浄系の水が、様々なジョイント部分から床に流れ落ちると言ったトラブルがあります。またトイレつまりは流せる厚手のおしりふき等を大量に使用したり、スマホや携帯電話等の異物を落とした事が原因で生じる事が少なくありません。水漏れトラブルの原因は様々で、原因が分かっても、専用工具がなく作業できない事も多いものです。

また不具合のある部品を交換しようとホームセンターを訪れても、部品の種類が多く適合する部品がどれか分からず迷う事が少なくありません。トイレのトラブルでは、やはり専門の業者さんに依頼して修理してもらうのがベターと言えます。ただし、まず自分で修理をトライしても何とかなるケースもあります。水漏れでは、タンクから便座内に水がチョロチョロ流れ出ている場合、タンク底の水栓用のゴムフロートを交換する事で解消できる事があります。

交換には特別な工具も不要ですし、ゴムフロートを外してホームセンターに持参して何種類かある中から、はめ込む穴の位置が合うものを選べばOKです。またトイレのつまりの場合には、ものの落下が原因なら、そのものを取り除けないかチャレンジし、さらに異物落下以外でのつまりなら、ゴム製のいわゆるスッポンで解消できないかを試して見れば良いでしょう。それでも無理なら、いじりまくらずに、専門業者に依頼するのがベターと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *